現在位置:Home > 長野OKIのEMS > 設計サービス > EtherCAT開発


長野OKIのEMS

設計サービスEtherCAT開発

EtherCATロゴ

豊富な開発により蓄積した設計資産をもとに、
お客様のご要求に応じたEtherCATスレーブ製品開発にご協力します。

国内での活動

当社はEtherCAT協会(ETG)日本地域委員会(※1)の一員としてEtherCATの国内普及に向け活動しています。

  • ※1:ETG日本地域委員会は、日本のETGメンバーの有志により2009年に結成された日本独自の組織です。
    展示会の運営、セミナーの開催、技術の改善やサポート活動など、EtherCATの普及と理解の向上ために積極的な活動をしています。

開発サービス

  • 実績あるリファレンスデザインをもとに最適構成をご提案します。
  • コンフォーマンステストツール(規格適合性試験ツール)の全テストをクリアした状態でご提供します。
  • 公式EtherCAT認証センターでの認証試験サポートまで対応します。
  • Semi-CDP(※2)に対応したスレーブスタックをご提供します。
  • ※2:半導体製造装置用共通デバイスプロファイル仕様

評価ボード

直ぐにお試しできる評価ボードを無償で貸出します。

評価ボード写真

特長

  • EtherCATスレーブコントローラーはルネサスエレクトロニクス製のR-IN32M3-ECを搭載
  • 絶縁型の多点デジタルI/Oを実装しています。
  • オプション基板により絶縁型の多点アナログI/Oの追加が可能です。
  • 評価用のサンプルスタックを添付します。

ダウンロードサービス

ルネサスエレクトロニクス製 産業イーサネット通信用LSI 「R-IN32M3-EC」評価ボード用 スレーブスタックの提供

テセラ・テクノロジー製 評価ボード

「TS-R-IN32M3-EC」用のEtherCATスレーブスタックを提供します。お客様は、本スタックとサンプルアプリケーションにより、導入に先行して動作確認、機能評価、検証を行うことが可能です。

長野OKIのEMSに関するお問い合わせ先
Webからのお問い合わせ: お問い合わせフォーム

ページの先頭へ